投資・有効活用など
コンサルティング希望の方

laCASA ESTATEのオーダーメイド資産活用
Re-innovation

なぜ、ラ・カーサが相続対策、空き家対策を行うのか?

日本の新築、中古を含めた「既存住宅流通戸数」のうち中古住宅が占める割合は、36.7%であり、世界的に見ても圧倒的に低く、先進各国と比較して日本は「中古住宅後進国」と言われています。
また、日本の住宅の平均寿命は約26 年程度となっており、これも、アメリカやイギリスと比べて短命と言われています。
これは、日本の住宅が「木造文化」と言われ、「住宅はいつか朽ち果てるもの」という意識が根強く、欧米は「石造文化」とされ「住宅は永続的に残るもの」と考える人が多いことが要因と言われています。

本当に木造の家は朽ち果てるのでしょうか?

ラ・カーサは、その源流の1902 年(明治35 年)創業の熊澤木材から、110 余年、地域に根ざした家づくりを脈々と続けて参りました。
そして、木造の家を知り尽くしたラ・カーサが、日本の住宅市場に新たな価値の創造を目指してスタートさせたのが、ラ・カーサリノベーションです。
ラ・カーサリノベーションは、単に間取りの変更や設備の更新など行う工務店的リフォームの延長にあるリノベーションとは一線を画し、「Re-innovation」(もう一度、イノベーションすること)であり、新たな価値を創造することを理念として、木造住宅をはじめ、マンション、ビル、土地など様々な不動産をRe-innovation」してきました。

ラ・カーサは資産活用にも新たな価値「Re-innovation」を創造します。

日本は、先進諸国に中でも相続税の負担が高い国と言われています。
また、今回の税制改正によって、相続税の最高税率が55%に引き上げられ、財産を守るために様々な対策を講じられている方も多いのではないでしょうか?
ラ・カーサは、あらゆる「先入観」を脱ぎ捨てて、お客様の最適な資産活用をご提案することを理念とし、まるでオーダーメイドの服を仕立てるときと同じように細部に渡ってお客様と会話をし、柔軟な発想で資産活用のビジョン、テーマを導き出していきます。きっとこれは、従来の資産活用法とはことなり、良質なテーラードジャケットのように、お客様の人生に優しくフィットすることでしょう。ラ・カーサの「Re-innovation」にぜひご期待下さい。

まずは相談。不動産のことならどんなことでも対応いたします

不動産の重要性、多様化にともない売買、有効活用、査定、相続など不動産コンサルティングの必要性がますます高まっています。
豊かな向上を、目指して、皆さまのニーズにお応えします。

「見積書」「業務委託契約書」「企画提案書」この3つの書面を納得がいくまで具体的に説明いたします。

不動産コンサルティングの業務

個別相談会開催中!

個別相談会とは、あなたの不動産の「売却戦略についてご相談」する場です。

laCASA ESTATEのエージェントのコンサルタントが、あなたの“ご要望”や“物件の特長”をお伺いした上で、
あなたに最適な売却戦略をアドバイスいたします。ご相談は無料です。お気軽にご相談ください。

laCASAEstate不動産ポータルサイト

CONTACT 不動産情報についてのお問い合わせはこちら

0800-200-2434受付時間 9:30〜19:00
定休日 毎週水曜日

webからのお問い合わせはこちらから

お電話でのご相談、お問い合わせ時にご提供いただいたお客様の個人情報(お名前、ご住所、電話番号、物件情報、その他お電話にて取得した個人情報)は、お客様のご相談やお問い合わせに対応する目的で利用します。
お客様の個人情報の管理責任者は株式会社ラ・カーサです。

contact showroom showroom showroom instagram
愛知県名古屋市、安城市、江南市、春日井市の注文住宅 - 株式会社ラ・カーサ Copyright © la CASA construction.,ltd. all rights reserved.